スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




マンション経営者が抱えるトラブルとは


不動産投資と聞くと不労所得で悠々自適に生活されている方を思い浮かべるかもしれませんが、実際は
色々と大変なんです。実際に入居者とのトラブルに頭を悩まされている方が沢山います。


自動販売機のように物件を購入すればお金が入ってくるわけではないのです。ちなみに賃貸マンション
やアパートを経営する中でもっとも多いトラブルが退去時の費用についてです。


実際に敷金の返還などに関しましてはいつの時代も結構もめます。多くの場合入居者が退去されるとき
にオーナーさんか管理会社が立ちあって、物件にどの程度の損耗があるかをチェックします。


当然のことながら大きな汚損があれば、それを修繕して明け渡さなければなりません。壁に穴が空いて
いたり、障子や襖が破けていたりされた状態では次の入居者へ貸し出すことはできません。


このため、そうした汚損箇所を修繕したうえで物件本来の状態に戻すことが当然のことながら必要になり
ます。これを「原状回復」といいます。従来は原状回復のための修繕をオーナー自らがが行います。


また、実際にかかった費用を敷金と相殺たうえで残りを入居者に返還するのが一般的なのですが、それ
でも揉めることになります。原状回復に対する考え方が双方で異なるからです。


オーナー側はできるだけきれいな状態に戻ることを第一に考えます。一方、入居者側は人が住めばどう
しても傷の一つや二つはつくのが当たり前だと思うわけです。リファームか修繕なのか、その境界線が
曖昧なため揉めることになりますので、この点に関しては入居前に徹底して話合われるべきです。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資 賃貸マンション

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。