スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




米国のありえない遺産相続の結末とは?



不動産投資に限ったことではないのですが、遺産相続で不動産をご遺族の方の間でどのよう
に相続するかで、揉めることは少なくありません。裁判沙汰になるケースも良くあります。


そうしたなか、米国で大富豪が自身の財産をすべて愛犬に相続させるように遺書を残したため、
親族間で骨肉の争いがおきた事件があったのですが、事態は思わぬう形で終止符を打ちました。



「転載開始:スポーツ報知」

『10億円相続の犬、昨年死んでいた』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110611-00000039-sph-soci


飼い主の米富豪から1200万ドル(約9億6000万円)の遺産を相続したマルチーズ犬の
「トラブル」(雌・12歳)が、昨年12月13日に死んでいたことが10日、分かった。


既に火葬されたという。AP通信など米メディアが報じた。


飼い主は、ホテルなど不動産を所有する故・レオナ・ヘルムズリーさん。


07年に87歳で死去した際、遺産1200万ドルの受取先に「トラブル」を選んでいた。


しかし、その後、親族らとの間で骨肉の争いに発展。レオナさんは遺書を書いた際、心神
喪失状態にあったとして、裁判所は「トラブル」の相続額を200万ドル(約1億6000万円)
に減額する決定を下した。


「トラブル」は暗殺される恐れがあったため、フロリダ州のホテルで極秘に飼育されていた
とみられる。年間約800万円(多額のセキュリティー費用の他、エサ代10万、毛をとかす
のに60万円など)がかかっていたという。


死んでしまったため、遺産の残りは慈善団体に戻された。遺産管理団体は「『トラブル』の
遺灰は、個人の管理下に置かれている」としている。

「転載終了」


この犬の名前が「トラブル」で、本当にトラブルに巻き込まれることになってしまったわけで
すが、天国でご主人と再び平穏な暮らしができるといいですね。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 遺産相続

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。