スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




都内中古マンション価格が上昇局面に入る



【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


東京カンテイは、2007年6月の70平方メートルクラスの三大都市圏中古マン
ション価格推移を発表したことが明らかになりました。


発表された内容によりますと、首都圏の中古マンション価格は、2,862万円に
達したことから、前月比1.4%上昇することとなり、一方、前年同月比にして、
11.0%上昇していることが明らかになりました。


ちなみに、東京都では前年同月比20.8%上昇することとなり、神奈川県でも
前年同月比10.5%と、二桁以上上昇していることが明らかになっています。


首都圏が件並み2桁以上、上昇するという、警戒する必要がほど過熱状態
にある中で、近畿圏の中古マンション価格は1,797万円となりました。


これは前月比0.8%下落となり、下落幅は小さく、安定推移しています。


また、中部圏の中古マンション価格は1,449万円で、前月比1.1%下落する
こととなり、おおむね横ばいに推移することとなったもようです。



【引用もとの記事】

(住宅新報)

『東京都の中古マンション価格、前年同月比2割上昇 東京カンテイ』



【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!





スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 賃貸マンション 不動産投資

不動産ネットオークションの未来は?




『不動産ネットオークションの未来は?』


いくらなんでも、不動産はネットでの商取引は不向きだろうと思っていたのですが、
それは大きなまちがいだったようです。


ここへ来て、不動産オークションが利用者の増加に向けて動き出したもようです。


これまで主流とされていた、投資・事業用物件だけでなく、戸建て住宅など不動産
も対象に、中小の宅建業者や個人も参加できるようキャパを拡大します。


面白いのは、たとえば、持ち家を売り買いする際の透明性が高まるメリットもあり、
運営業者は不動産売買の有力な手段として定着させたい考えだ。


ちなみに、平成18年8月期の落札総額約550億円に到達したもようです。


そして、従来は法人格を持った不動産業者に限定していた参加資格を撤廃し、
今年4月から法人格のない中小の宅建業者など個人事業主にも開放します。



一方、不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営するネクストは、23日に一般
住宅を主に取り扱うオークションサイト「HOME’Sオークション」を立ち上げる。



会員に入会金10万円と、月会費2万5000円が必要だが、オークションサイトは1件
当たり2万円の出展料だけで利用できるほか、会員の不動産業者を通じて個人も
オークションに参加できる。


不動産ネットオークション業界では、高齢化の進展や団塊世代の大量退職などに伴う
住み替えなどの機運を当て込み、「潜在的な需要を取り込みたい」と、事業者側である
ネクストの意気込みは相当つよいです。


こんごも個人も含めた幅広い利用が促せれば、面白いことになるかもしれません。
  



「以下の記事より引用」








(産経新聞)

『不動産ネットオークション、個人参加もOK』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000020-san-bus_all







※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

不動産投資で失敗しない為の不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

マンション発売、値上がり期待で売り惜しみ




<首都圏マンション発売、値上がり期待で売り惜しみ>



本日、時事通信が発表した記事によりますと、2006年度の発売戸数が本日
16日に発表され、首都圏で前年度比15.3%減の7万0804戸となりました。


この結果、2年ぶりに前年を下回ることとなり、8万戸を下回るのは98年度
以来、8年ぶりとなります。


主な要因といたしましては、都心を中心とする人気エリアで、近い将来の
販売価格上昇を見込んでの売り惜しみが続いたことがあげられております。


また、地域別の発売状況を見ると、千葉は20%増、東京23区が31%減、東京
23区以外が11%減、神奈川が17%減と大幅なマイナスとなったもようです。 


今年から、さらに1戸あたりの価格が高騰することが懸念されます。



「以下の記事より引用」


(時事通信)

『都心、値上がり期待で売り惜しみ=首都圏マンション発売、15%減少−06年度』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000081-jij-bus_all




富裕層に中古億ション




『富裕層に中古億ション』




本日のフジサンケイ ビジネスアイの記事で面白いのみつけたので、ご紹介
させて頂きたいと思います。


昨今、大手不動産販売業者が富裕層をターゲットに、中古マンション仲介業務
に力を入れ始めていると同紙では報じております。


東京・白金や銀座といった、いわゆるセレブな街を中心に、売買価格で1億円を
超えるような優良物件を中心に扱う仲介店舗を続々とオープンしているそうです。


また、団塊の世代や起業家など、別のターゲットも取り込もうと懸命のようす。


三井不動産販売は、この分野で先駆者的ポジションにいますが、いま現在都心
部に合計8つの仲介センターをすでに設置しております。


そして、今月15日には、3月末に東京・六本木にオープンしたばかりの東京ミッド
タウン内に、富裕層の不動産運用コンサルティングを中心に事業展開する店舗
を設置し、活動をスタートする予定です。



一方、野村不動産は野村不動産のプラン度である高級マンション「プラウド」を
展開する、東京・代官山に常設のモデルルームを、すでに設置しております。


モデルルームはマンション販売終了後に撤去するが、高級ブティックなどが軒を
並べる立地に着目。


野村不動産はモデルルームを常設とすることで、訴求効果に期待しているもようです。


不動産を保有する富裕層と関係を築くことで、優良物件の下取りや土地の売買
情報を迅速に入手できるメリットもあります。


是非週末は、上述したモデルルームや、不動産屋さんに足を運んでいただき、施設内
の高級感を満喫してみてはいかがでしょうか。
  



  


ご覧頂きまして誠にありがとうございます。








「以下の記事より引用」






(フジサンケイ ビジネスアイ)

『富裕層に中古億ション セレブの街に仲介店続々』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000002-fsi-bus_all




さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。