スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




賃貸サイトで賃貸物件のトレンドを学ぶ

昨今では賃貸物件をパソコンや携帯で探すのが当たり前になっている
わけですが、そんな中で賃貸サイトが沢山誕生しています。



すでに、フォーマットが出来上がっているので、中々個性的なのを見つ
けるのは難しいですが、ニューシティプロパティサービスが運営してい
る日・英2カ国語に対応するニューシティ・レント・コムは凄いです。



ニューシティ・レント・コムの大きな特徴は、路線図や間取り、賃料など
の条件からの物件検索が日本語はもちろん英語でも行えることです。



日本人の多くが英語は不得意なので中々外国から来た人達と上手く
コミュニケーションが図れませんので、外国から来た人達でも安心し
て探せるので非常に便利だと思います。



また、礼金が有るのか無いのか、ペットと一緒に住むことができるのか
などといった形で検索条件を絞り込んで検索することができます。



今回ニューシティ・レント・コムのリニューアルによって、選択した物件
への問い合わせがEメールでできるようになりました。



そして、画期的なのは、利用者の希望住戸が空室となった場合には
自動的に知らせてくれるEメールアラート機能です。



こうしたサービスが提供されることによって、不動産屋に足を運んで、
時間を無駄にすることなく好きな時に確実な情報を入手できます。



また、こうしたサイトを利用することで賃貸物件のトレンドをはかること
にも役立ちますので是非一度利用してみてください。


「ニューシティ・レント・コム」
http://www.newcityrent.com/ja/




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

賃貸住宅を投資する際の注意点

実際に賃貸住宅は人々の暮しに必要不可欠なものです。これも一つ
のインフラといっても良いのではないかと思います。



昔は税制の後押しもありマイホームの持ち家主義が浸透していました
が、最近では住宅ローンに縛られたくないという若い方の賃貸志向や、
企業のリストラにより社宅制度が廃止されました。



このため賃貸住宅のニーズが急速に伸びております。このような状況
に着目した分譲マンンションデベロッパーや大手不動産会社や商社は、
数年前からこぞって賃貸住宅の開発を始めています。



従来は賃貸住宅の多くが個人地主の資産有効活用でしかなかったの
で、物件が市場にでてくることがあまりありませんでした。



しかし、最近ではデベロッパーが開発した賃貸住宅一棟売りも不動産
売買の市場で目立つようになりました。



実際に物件の供給がなければ投資商品にもなり得ないわけですから、
ようやく賃貸住宅も投資対象として環境が整ってきました。



賃貸住宅の一番の特徴は賃料収入の安定性で、都内賃貸住宅の平均
賃料は10年前のほぼ横ばいで、下落率にしておよそ1%程度です。



そして、賃貸物件情報雑誌や最寄りの不動産屋さんの前に展示されて
いる物件を御覧頂ければ、お分かりになるかと思いますが、ほとんど変
わっていません。それくらい変動がすくないのです。



また、賃貸住宅は部屋の数だけ借り手が分散されていますので、郊外
型SCや一棟借りのオフィスビルとは異なり、テナントが突然いなくなる
というリスクが極めて小さい不動産です。



一方で、住宅は商業のような売上げ歩合賃料はありません。このため
高い売上げが期待出来るテントに入れ替える手法はとれません。



ですので、住宅の商品価値を高める方法としては外壁を塗り替えたり、
部屋の内装備品(キッチン、トイレ、風呂等)を入れ替えたりして、少し
でも高い賃料で借り手が住みたくなるような環境づくりをすることです。



こういった追加投資は、家賃の上昇だけではなく、物件の価値を維持
するためにも必要不可欠です。一般的にお部屋選びの決め手となる
のは、立地の良さと、物件の善し悪しです。



このバランスが賃料に関係してくることから、追加投資の結果、いくら
家賃の上昇が望めるかが、追加投資判断の重要なポイントです。



上述したように賃貸住宅はバリューアップは限定的ながらも低い空室
率、安定した賃料水準分散されたテナントという面で、ローリスク・ロー
リターン型の安定志向の不動産です。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ワンルームマンション投資は注意


数年前にはワンルームマンションを区分所有する「サラリーマン大家」
さんが話題になるほどワンルームマンション投資は人気がありました。



こうした背景には、金利も安かった上に、金融機関も今と違って借り手
を求めていた時代だったので、身の丈にあった不動産投資であれば、
個人でも比較的融資が通りやすかったことも大きな要因の一つです。



そして、時代は大きく変化し、米国の住宅ローン債券の焦付き問題に
よって、金融危機が世界的に広がっている状況下では、これまでの
ように簡単に融資してくれませんので難しいと思います。



依然として新聞の折り込みチラシなどで「今日から貴方も大家さん」と
いわんばかりの物件の案内チラシを時折見かけます。



しかし、こうした情報に安易に飛びつかない方が賢明です。投資目的
でワンルームマンションを購入することは、わざわざリスクを抱え込む
ことにことになりかねませんので、注意が必要です。



特に都内の場合は、需要と供給バランスで考えるとワンルームマンシ
ョンは圧倒的に供給が需要を上回っています。



そして、借り手がほぼ独身者に限定されることから、立地条件にもより
ますが、空状態が長く続くことも頭に入れておく必要があります。



ワンルームマンションの場合、一見、表面的な利回りが良さそうに思え
てしまうことから、魅力的な投資対象物件と錯覚しがちです。



ですので、基本的にワンルームマンションを投資することはハイリスク
ハイリターン物件であることを認識する必要がございます。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

入居者に物件について尋ねる方法


バブル期は地価の上昇にともなって、不動産価格は連動する格好
で上昇していましたので、売却益も大いに期待できました。



しかし、今後は地価が毎年10%以上平均して上昇することは期待
できませんので、より安定した家賃収入が求められます。



賃貸アパート・マンションを借りられた経験があればお分かりいただ
けるかと思いますが、実際に不動産屋さんを通して部屋を借りる時
にはその月の家賃を払えば良いというわけにはいきません。



賃貸契約を結ぶに当たって、ある程度まとまった額の敷金や礼金を
家主に対して支払わなければなりません。



そして退去する場合でも契約期間内の場合は保証金の一部を家主
が手にすることが出来る上に、退去する場合は必ず1ヶ月~2ヶ月
前に告知しなければならないように決まっています。



これはアパートやマンションだけではなく、オフィスを借りる場合でも
基本的には同じような契約を結びます。



ですので、不動産投資の場合は入居者を確保すれば当初予定した
賃料収入が大きく変動することがない点がメリットと考えられます。



このため、不動産投資は安定した収益を確保しやすいとされてきた
わけですが、入居者の確保が年々難しくなっています。



もし、今後投資物件を購入するのであれば、物件の価格も大事です
が周辺エリアの他の物件をリサーチした上で入居者の確保が見込
めかといったことも重要なポイントになります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。