スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




シニア向け介護付き住宅について


<シニア向け介護付き住宅について>


シニア向け介護付き賃貸住宅は、今後の高齢化社会におけるシニア人口の増加を考
えた場合、かなり潜在的ニーズが高いとされる不動産です。



わが国では少子高齢化が今後急速に進むことが確実のものとされているだけに需要
は高いです。また、介護は必要なくてもリタイア層が所有している不動産を売却して
夫婦二人で静かに老後を過ごしたい方にぴったりです。



リタイア層がを借りる上でまず問題視されるのは保証人問題です。仮に保証
人が見つかったとしても同年代の方の場合は保証人として認められないケースもあり
ますので、こうした場面ではせっかくの入居者を逃してしまうことになります。



ですので、保証会社を上手く利用することで、こういったリスクに備える必要があります。
また、この不動産の特徴としては、運営の良し悪しが大きなウエイトを占めるため、その
運営を行うオペレーターの選定が重要なポイントになります。



ただし、現在のそのような運営会社の数はまだ限られており、今後その成長が期待され
る分野となっております。しかし、多くの賃貸アパートおよびマンションの経営者は20代
から30代の世帯を取り込みたいと考えています。



この世代の特徴は物件に対するこだわりが非常に強い点があげられます。築10年以上
の物件は避けたいという気持ちが強組みうけられます。



ですので、この層をターゲットにして所有されている物件を管理するのはコストがかさみ、
収益性が損なわれる危険性があります。しかし、リタイア層の場合は余生を静かに過ご
したいと考えるタイプが多いのでこだわりがない分管理しやすい点があげられます。




スポンサーサイト

tag : 賃貸物件

不動産価格が変動する仕組みについて


不動産価格は株など他の金融商品の価格と同様に、需給のバランスによって決まり
ます。そして、はこれまで長きに渡って需要が供給を上回ってきておりました。



例えば都市部を例にしますと、一時、底の見えないデフレから需要が供給を下回って
いたために価格が大きく下げるも、一時期は上昇局面に再びはいりました。



地域によって差はがございますが、マンションを例に挙げまと、1年でおよそ20%程
度値上がりしたのですが、ご存知の通り世界的な金融危機の影響から再び不動産
市場にとって厳しい時代が訪れることになったわけです。



元来、不動産は大量生産されることのない希少性の高さが魅力だったわけですが、
日本では土地神話が根強く、不動産は未来永劫上がるものだと不動産業者だけで
はなく、銀行や政府の間でも信じられていました。



しかし、再び底値を探る展開に移行していますので、東京以外の地域の土地価格は
底値に向かって低下している状況が今後しばらく続くことになります。



なので、もし、東京郊外に住宅を購入されることを検討されているのならしばらく様子
を観てからにした方が良いでしょう。目安となる期間は3年程度です。



バブル崩壊し、底値をつけたと思われる2003年ごろまでは、土地、住宅、オフィス、
店舗などが過剰となり、希少性が減ったうえに、テナントが見つからないといった完全
にマイナスのスパイラルに陥ることとなりました。



この時期は、庶民には高値の花とされていた戸建て住宅が信じられない安値で販売
されることとなったのです。それだけ希少性がなく不動産市場に溢れていたことになり
ます。再び同じような状況が訪れますのでチャンスを見逃さないで下さい。


上述した希少性に不動産の価格・価値は大きく反映されることとなります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : テナント

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。