スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




マンション投資の空室リスクについて



依然として世界経済は大きく低迷しています。それにともなって金融機関は確実に経営基盤
の弱体化が進むだけに今後も色々な問題が併発しそうです。そんな中、今回はマンション
投資の基本について簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。



不動産投資の代表的な形として、区分所有のマンションに投資する方法や、戸建ての物件に
投資する方法、または、どんと大きく1棟物のマンションやビルに投資する方法があります。



最近、メディアで「今日からアナタも大家さん」といった形で区分所有を促すように持ち上げ
られているのでサラリーマンの方で1Rマンションを投資目的で購入する方が少なくありません。



1棟ものは購入金額が大きいので、まずは区分所有からと思われるのも無理はないと思います。



しかし、区分所有のマンションはよほど立地条件が良くて、設備などが充実していない限りは
1棟ものと比較した場合リスクがかなり高いと思います。



そのリスクの一つは空き室リスクがあげられます。区分所有のマンションや戸建ての物件の場合、
入居者が出て行かれたあとに次の入居者が決まるまでの間は1円も収入がありません。



そんな状態にありながらも物件のオーナーとなれば毎月必ず借入金の返済や物件の管理料、マン
ションであれば修繕積立金を支払わなければなりません。



一方の1棟もののマンションであれば、複数の世帯、会社が入居者およびテナントとして入り
ますので、仮にその中から退去者が出た場合でも収入が途切れることはありません。



空き室リスクが区分所有に比べて低い上に建替えや大規模な修繕を行なう際でも、1棟もの方が
自由が利きます。区分所有の場合は、その他の区分所有者と相談した上で賛同されないと
行なうことができません。区分所有よりも、1棟ものをお勧めします。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資

不動産投資と金融商品への投資の比較


投資効果が高い金融商品は数多くありますが、そういった金融商品への投資と不動産投資を
比較した場合、投資効果は劣るかもしれませんが不動産投資には有り余る魅力があります。



不動産投資の最大の利点についてですが、銀行から運用資金を借りることができる点が大きい
です。株の場合は期間が限定されていますが不動産投資の場合は長期間(10年~20年)です。



そして、実際に銀行への返済は、入居者がやってくれるわけです。金融商品への投資はそう
いうわけにはいきませんし、価格変動が激しいので長期投資は疑問です。



不動産投資の場合も金融商品への投資と同様に物件を出来る限り安く買う事が成功の秘訣と
なります。これをクリアすることによって収益性が高まることになります。



入居者の確保に関しては、リーシングと言われる客付けに関するノウハウを本やセミナーなど
で学ぶことができますので、安く買うことに集中すればよいでしょう。



もし、頭金が500万円以上あってマンションを購入することを検討されているのであれば、
アパート投資されることをおすすめします。収益があがればグレードの高い賃貸マンション
で住まれたほうがローンに縛られることなく優雅な生活が期待できます。





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。