スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ネットオークションの未来は?




『不動産ネットオークションの未来は?』


いくらなんでも、不動産はネットでの商取引は不向きだろうと思っていたのですが、
それは大きなまちがいだったようです。


ここへ来て、不動産オークションが利用者の増加に向けて動き出したもようです。


これまで主流とされていた、投資・事業用物件だけでなく、戸建て住宅など不動産
も対象に、中小の宅建業者や個人も参加できるようキャパを拡大します。


面白いのは、たとえば、持ち家を売り買いする際の透明性が高まるメリットもあり、
運営業者は不動産売買の有力な手段として定着させたい考えだ。


ちなみに、平成18年8月期の落札総額約550億円に到達したもようです。


そして、従来は法人格を持った不動産業者に限定していた参加資格を撤廃し、
今年4月から法人格のない中小の宅建業者など個人事業主にも開放します。



一方、不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営するネクストは、23日に一般
住宅を主に取り扱うオークションサイト「HOME’Sオークション」を立ち上げる。



会員に入会金10万円と、月会費2万5000円が必要だが、オークションサイトは1件
当たり2万円の出展料だけで利用できるほか、会員の不動産業者を通じて個人も
オークションに参加できる。


不動産ネットオークション業界では、高齢化の進展や団塊世代の大量退職などに伴う
住み替えなどの機運を当て込み、「潜在的な需要を取り込みたい」と、事業者側である
ネクストの意気込みは相当つよいです。


こんごも個人も含めた幅広い利用が促せれば、面白いことになるかもしれません。
  



「以下の記事より引用」








(産経新聞)

『不動産ネットオークション、個人参加もOK』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000020-san-bus_all







※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

不動産投資で失敗しない為の不動産投資入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。