スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資のリスクとリターンの仕組み



不動産投資におけるリスクとリターンについてですが、株式投資、外貨投資などの定義とほぼ同じ
です。特別大きな違いはありませんが、不動産投資ならではのリスクやリターンがあります。

不動産投資「やっていい人、悪い人」



ここでいうリターンとは、投資を行うことで投資対象から将来にわたって得られるキャッシュフロー
のことです。これらをさらに分別すると、インカムリターン、キャピタルリターンに別れます。


株式の場合は、投資先の企業から得られる配当収益のことをインカムリターン(インカムゲイン)と
しますが、不動産投資の場合は、投資期間中による賃貸収入から賃貸費用を差し引いた収益です。


そして、キャピタルリターンとは将来の投資目的に購入した不動産を売却することによって得られる
売却益のことをいいます。日本ではバブル崩壊まではキャピタルリターンを狙うのが中心でした。


一方、リスクについてですが、一般的に様々な投資対象に投資するにあたって投資対象の分析を
行って得られるリターンをある程度予想した上で投資します。

学生でもできた!逆転不動産投資術



しかし、そのリターンである家賃収入や、売却益が当初の予想通りに実現する可能性は保障されま
せんので、こうした不確実性をリスクといいます。


リスクについもリターン同様、不動産投資に限りませんが、一般的に投資家は、リスクの高い投資
商品には高いリターンを望みます。ハイリスクハイリターンというやつです。


それとは逆にリスクの低いとされる投資商品に関しましては、低いリターンを求める傾向にあります。


このため運用会社において不動産投資の判断を行うさいにも、その投資対象がもつリスクに見合った
リターンを得られる見込みがあるかどうかを、しっかりと検討しなければなりません。

ボロ物件をお宝に変える不動産投資術





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資 リスク リターン

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。