スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




建設会社を選ぶにあたっての注意点


今年に入ってから、不動産投資に対する融資規制が厳しくなり
ましたが、完全に駄目というわけではありません。



今回は、新築のマンションを建てるにあたっての建設会社選び
について簡単ではございますが解説させていただきます。



マンションを建設するにあたり、問題となるのがどこの建設会社
にマンション建設を依頼してよいか分らないといった点です。



そこで、建設会社をえらぶポイントとして、まず避けたほうがよい
のが、名の通った大手ゼネコン系の建設会社です。



なぜかといいますと、大手ゼネコン系の建設会社の場合、実際
に施工する業者の傘下に数社介在する場合が多いからです。


こうしたことから、当然業者間との中間マージンが発生します。


これではコスト削減を望むことは期待できません。


また、大手ゼネコン系の建設会社が得意とする物件は相応の
ボリュームでないと持てる能力を発揮することができません。



ですので、小規模な一棟ものでは、その管理能力を発揮する場
があまりないにもかかわらず物件自体が割高となります。



一方、地主さん向けの建設会社は提示される見積もりが建設費
のみでの利回りで採算がとれるかが問題となります。



といいますのも、多くが土地代込での採算性についての検討は
あまりなされていない傾向にあります。


仮にあったとしても利回りが満足のいくものが少ないようです。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※不動産投資は必ず自己責任でお願いします。

不動産投資に関する記事の誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

不動産投資が分かる資産運用入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。