スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ビジネス地区の平均賃料上昇継続


【不動産投資が分かる資産運用入門】


11月末時点のオフィスビル市況が三鬼商事により発表されたの
ですが、都内のビジネス地区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)の
需要の高まりは、まだしばらくは収まりそうにありません。



オフィスビル平均空室率は、2.49%で、前月比0.06ポイント低下
しており、今現在ビジネス地区では、特にエリアを問わず既存の
大型ビルに成約が相次いでいるそうです。



こうしたことから、この1カ月間で大型既存ビルの募集面積が、
およそ6,000坪程度減少することとなりました。



一方、ビジネス地区の平均賃料は坪当たり21,713円に達して
おり、前月比1.51%上昇しております。


また、前年同月比では12.96%上昇しております。


今現在、竣工前に全館満室となる大規模複合ビルケースがプライス
リーダーとなり、価格を上昇させているとのことです。



今年、10月に日本郵政として民営化されたことにより、JRが駅ビル
事業で大きな成果を挙げているように、都市部にある中央郵便局
を巨大なビルにする計画が具体化されます。



こうした動きをにらんで今後数年で地価が大きく上昇することとなり、
それにともない周辺ビルのテナント料も高騰することが予想されます
ので、こうした動きにも注目したいと思います。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※不動産投資は必ず自己責任でお願いします。

不動産投資に関する記事の誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

不動産投資が分かる資産運用入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。