スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




募集会社の基本的役割と重要性について


投資目的で不動産物件を所有し、アパート・マンションオーナーになったからといって何もしないで収益
が得られるほど、残念ながら不動産投資の世界は甘くはありません。


新築の場合であれば入居者を広くゼロから募集しなければならないので、ここで重要視されるのが募集
会社との付き合い方です。まず、実際に入居者を集めるために募集会社の選ぶポイントですが、入居者
の集客力だけで募集会社の優劣を判断するのはあまりよくありません。


仮に、客付け能力が非常に高い場合であっても入退居の激しい会社もありますし、流動性が高まっても、
通年で家賃総額は伸びない結果となってしまいます。また、空室が中々埋まらずに、苦しんで苦しんで、
ようやく決まる会社が決めてくれた入居者は、割と長期で入居しています。


客付け力があって、入居しくれる入居者が長期であればあるほど、そうした会社が最高と評価されること
になりますが、この賃貸市場が低迷しているご時勢では、難しいと思います。


プロとしての募集会社の仕事を一面だけでなく正当に評価することができれば、信頼関係を築くこととなり、
オーナーとしての仕事を最大限にフォローしてくれることにつながります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。