スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




入居者に物件について尋ねる方法


バブル期は地価の上昇にともなって、不動産価格は連動する格好
で上昇していましたので、売却益も大いに期待できました。



しかし、今後は地価が毎年10%以上平均して上昇することは期待
できませんので、より安定した家賃収入が求められます。



賃貸アパート・マンションを借りられた経験があればお分かりいただ
けるかと思いますが、実際に不動産屋さんを通して部屋を借りる時
にはその月の家賃を払えば良いというわけにはいきません。



賃貸契約を結ぶに当たって、ある程度まとまった額の敷金や礼金を
家主に対して支払わなければなりません。



そして退去する場合でも契約期間内の場合は保証金の一部を家主
が手にすることが出来る上に、退去する場合は必ず1ヶ月~2ヶ月
前に告知しなければならないように決まっています。



これはアパートやマンションだけではなく、オフィスを借りる場合でも
基本的には同じような契約を結びます。



ですので、不動産投資の場合は入居者を確保すれば当初予定した
賃料収入が大きく変動することがない点がメリットと考えられます。



このため、不動産投資は安定した収益を確保しやすいとされてきた
わけですが、入居者の確保が年々難しくなっています。



もし、今後投資物件を購入するのであれば、物件の価格も大事です
が周辺エリアの他の物件をリサーチした上で入居者の確保が見込
めかといったことも重要なポイントになります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。