スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




若い世代をターゲットにすると損する?



日本は今後、数十年間に渡って少子高齢化が進むことになります。そうした中で注目
されているのが、シニア向け介護付き賃貸住宅です。


今後の高齢化社会が進めば必然的にシニア人口が増加することになります。


ですので、シニア向け介護付き賃貸住宅は将来的にニーズが高いとされる不動産です。


もし、介護を必要としなくても、高齢者が生活するのに最適な環境を整えているので、
所有している不動産を売却して夫婦二人で静かに老後を過ごしたい方にぴったりです。



そうした中で、クリアにしなければならない問題があります。それは、リタイア層が
賃貸物件を借りる上での保証人問題です。



仮に保証人が見つかったとしても同年代の方の場合は保証人として認められない場合
ももありますので、せっかくの入居者を逃しかねません。



こうした問題を解決するために、保証会社を上手く利用することです。


そして、万一のことを想定した上で様々なリスクに備えなければなりません。


また、シニア向け介護付き賃貸住宅は、運営の良し悪しが大きなウエイトを占めます。


その運営を行うために必要なオペレーターの選定が重要なんです。



しかし、残念ながら今のところ運営会社の数はまだ限られてます。


シニア世代の拡大によって、潜在的な成長が期待される分野です。


しかし、多くの賃貸アパートおよびマンションの経営者は20代から30代の世帯を取り
込みたいと考えていますが、これはけっして得策とはいえません。


この世代は物件に対するこだわりが非常に高いのです。


実際に若い世代の多くが築10年以上の物件は避けたいという気持ちが強いです。


上述したことからも、若い層をターゲットにして所有されている物件を管理するの
はコストがかさみ、収益性が損なわれる危険性があります。


しかし、リタイア層の場合は、こだわりがない分管理しやすい点があげられます。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。