スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




少子高齢化時代にあった物件とは?



デフレや世界的な金融不安の拡大から日本経済はここ数年で大きく低迷しています。


国内の不動産市場を見ても状況は改善するどころか悪くなる一方です。銀座、渋谷、新宿など、
いわゆる一等地と呼ばれる商業エリアでさえも厳しい商況にあります。


飲食街の空室が目立ちます。そうした厳しい状況にありながら期待されているのがシニア向け
介護付き賃貸住宅です。高齢化社会が進む中で潜在的需要は非常に高いとされています。


少子高齢化が将来的に急速に進むことは現状から考えれば避けることはできないと判断するのが
適切だと思います。介護に関する問題と一緒に考えるべきではないでしょうか。


もちろん生涯現役とばかりに元気な年配の方が増えていますので、介護は必要としない方も多い
わけですが、余生を夫婦二人で静かに過ごしたいという方にもマッチしています。


しかし、こうしたリタイア層が賃貸物件を借りる上でまず問題視されるのは保証人問題です。


仮に保証人が見つかったとしても同年代の方の場合は保証人として認められないケースも多いの
が現状なんです。これではせっかくの入居者を逃してしまいます。


こうした問題を解決するカギが保証会社です。


保障会社を上手く利用することにより、こうしたリスクに備える必要があります。


また、シニア向け介護付き賃貸住宅の特徴としては、運営の良し悪しが大きなウエイトを占める
ため、その運営を行うオペレーターの選定が重要なポイントになります。


現在のそのような運営会社の数はまだ限られているのが現状です。


今後介護の分野が成長すれば連動する形で成長することが期待される分野です。しかし、多くの
賃貸アパート・マンションの経営者は20代から30代の世帯を取り込みたいと考えています。


あえて若年層のデメリットをあげておきますと、この世代の特徴は物件に対するこだわりが非常
に強いです。築10年以上は論外というケースが少なくありません。


ですので、この層をターゲットにして所有されている物件を管理するのはコスト高になります。


狙いすぎたばかりに収益性が損なわれる危険性があります。しかし、リタイア層の場合は余生を
静かに過ごしたいと考えるタイプが多いのでこだわりがない分管理しやすいです。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 脱毛を東京の銀座でするならココが一番!その凄さの秘密が分かります!
-------------------------------------------------------------------------------------




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 少子高齢化 物件

さらに詳しくしらべる


 検索例  
不動産投資 物件 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産投資 オフィスビル 不動産物件 賃貸マンション テナント 収益不動産 賃料 リスク リターン 土地 減価償却 ダイナミックDCF法 ワンルームマンション 収益還元法 分散投資 借地 国土交通省 地域 売却益 設計 建設 固定資産 千代田区 耐震構造 税金 節税 富裕層 遺産相続 賃貸経営 超富裕層 立地条件 物件 少子高齢化 REIT 地価 マンション投資 インカムゲイン 賃貸物件 法人税 新築物件 投資法人 耐用年数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。